クラレプラスチックスのサイトへ

ABOUT

〈アーネストン〉とは

ABOUT EARNESTON

ゴムより自由な〈アーネストン〉

〈アーネストン〉は、赤ちゃんの肌の柔らかさ(硬度0A)からまな板の硬さ(硬度95A)まで自在に硬さを操ることができる、クラレグループが生み出したエラストマーコンパウンド*です。容易に射出成形、押出成形ができます。

クラレのポリマー技術とクラレプラスチックスの持つ配合・混合技術を組み合わせることで、従来はゴムの用途であったペングリップ等の生活雑貨から、自動車部品、電子部品、メディカル分野へと幅広く採用されています。

ABOUT ELASTOMER

*エラストマー(熱可塑性エラストマー)って?

エラストマーとは、弾性を持った高分子のことで、「ゴム」と「熱可塑性エラストマー」の2種類があります。熱可塑性エラストマーとは、常温ではゴムの弾性を有し、熱を加えると軟化して流動する性質を持つ樹脂のことです。
熱可塑性プラスチックと同様に、射出、押出成形ができます。ThermoPlastic Elastomer(TPE)とも呼ばれます。

※「熱可塑性」とは、熱を加えると軟化して、冷却すれば固化する特性を有する樹脂の総称です。一方で「熱硬化性」は化学反応して架橋構造を取り固化するため、熱を加えても軟化しません。熱可塑性は「チョコレート」、熱硬化性は「クッキー」のようなイメージです。

COMPARE

〈アーネストン〉とゴムとの比較

〈アーネストン〉は、ゴムと比べて短い工程で加工できるため、大量生産が容易です。

また、ゴムは熱硬化性のためリサイクルができませんが、〈アーネストン〉はリサイクルが可能です。

例え成形に失敗してもやり直すことができること、また、大量生産に向いていることから、製造コストを削減できます。

〈アーネストン〉とゴムとの比較の画像

FEATURE

〈アーネストン〉標準グレードの特長

  • 赤ちゃん肌からまな板の硬さまで幅広く対応

    赤ちゃん肌からまな板の
    硬さまで幅広く対応

  • リサイクル可能

    リサイクル可能

  • プラスチック成形機で、射出、押出などが簡単

    プラスチック成形機で、
    射出、押出などが簡単

  • 軽い(比重0.89~)

    軽い(比重0.89~)

  • 透明から鮮やかな発色性まで着色自由

    透明から鮮やかな発色性
    まで着色自由

  • よく伸びて元に戻る

    よく伸びて元に戻る

  • 家庭用洗剤や消毒液などの耐薬性に優れる

    家庭用洗剤や消毒液などの
    耐薬性に優れる

  • 寒さに強く、氷点下でも柔らかい

    寒さに強く、
    氷点下でも柔らかい

  • 安全性が高く、食品、メディカル用途での実績あり

    安全性が高く、食品、
    メディカル用途での実績あり

  • 水に強い

    水に強い

VARIATION

さまざまな付加価値

クラレの〈セプトン®〉等のゴム弾性に優れるエラストマーをベースにクラレプラスチックスの配合ノウハウを駆使し、
ゴム弾性に加え、透明、高反発、制振などのさまざまな機能をご提供することを可能としました。

構造例の写真

REFERNCE

ご参考

〈アーネストン〉のベースポリマー

〈アーネストン〉のベースポリマー(主にスチレン系エラストマー〈セプトン〉)の構造はゴムと似ているため、よく伸縮します。

疑似架橋

ゴムの架橋点に相当する役割

エラストマーブロック(EP、EB、EEP)

ゴムの柔軟性・伸縮性に相当する役割

熱可塑性エラストマーの種類と比較

一般的な熱可塑性エラストマーの種類としては、スチレン系(TPS)、オレフィン系(TPO、TPV)、ウレタン系(TPU)、エステル系(TPC)、塩ビ系(TPVC)があります。
〈アーネストン〉は柔軟性や低温特性、及び耐水性に非常に優れており、容易に成形出来る高機能なエラストマーコンパウンドです。
TPO、TPU、TPC系のエラストマーも扱っており、TPS以外の様々な機能を付与することが出来ます。

性質 TPS〈アーネストン〉 TPO TPV TPU TPC TPVC
比重 0.90~1.1 0.89 0.90~1.1 1.13~1.26 1.12~1.19 1.22~1.32
硬度 0A~60D 50A~65D 40A~50D 60A~60D 90A~70D 40A~80A
柔軟性 △~○ △~○
機械的強度
圧縮永久歪
低温特性 ×
耐熱性 ×
耐候性 ×
耐油性
耐水性 × ×
射出成形
押出成形
コスト ×